2007年12月04日

堤人形

先月仙台に行った折、ホテルのチェックインには2時間ほど早く、東北三大土人形の一つ『堤人形』をたずねてみることにしました。
東北三大土人形は以前ブログにもアップした山形県の(米沢市)相良人形、岩手県(花巻市)の花巻人形、そして宮城県(仙台市)の堤人形。
京都の伏見人形の流れを汲み、素朴な愛らしい人形です。

仙台駅でタクシーの運転手さんに行き先を告げると、その方も一度はと興味を持っていたとのこと。
仙台市のガイドブックに資料館と書かかれた、『つつみのおひなっこや』
販売所のような小さな店舗のショーケースには様様の堤人形。
干支の置物として、雑誌サライにも紹介されていました。

CIMG3949.JPG

まずご主人に現存している登り窯と資料室に案内していただきました。
煙害とかの環境の規制により今は使っていないけど、子供達のワークショップのときは一部使用されるそうです。

CIMG3945.JPG

仕事部屋だった資料室。

CIMG4013.JPG

大きな甕は時代劇に出てくる、土間の片隅に水を入れて置かれていたもの。
時代劇といっても、水道がつくまではこれが給水甕です。

CIMG3972.JPG

甕と一緒に展示されているのが、細工された鬼瓦。
龍もありました。

CIMG4015.JPG

珍しいウサギもあり、伊達の殿さまが兎年とかで好まれたそうです。

CIMG3997.JPG

甕や瓦が主体で、職人が仕事の合間に作っていたのが土人形です。
昭和初期まではこのあたり一帯が同じように登り窯を持ち、モクモクと煙を上げていたとか。
それが今ではここ一軒のみですが、ここも広い道路がつくため立ち退くそうで登り窯はそれまでのみ…。
窓の向こうに迫り来る工事中の道路を見ながら、ご主人が残念そうに話されました。

CIMG4000.JPG

暗い一部屋には当家の絵巻物があり、昔のこのあたりの様子がわかります。

CIMG3985.JPG

先祖からの古い土人形。

CIMG3979.JPG

CIMG3993.JPG

色をつける前の素焼きの人形。

CIMG4009.JPG

古い部屋で古いものを見続けたので、販売所のような店舗に戻ると展示されている人形がいきいきとして見えました。

CIMG3953.JPG

人形の袖の家紋は『竹に雀』で、伊達家のもの。

CIMG3960.JPG

ニコニコと友人が来たように、コーヒーといちじくの煮たのを出してくれました。
青い小ぶりのものを煮るそうですが、コーヒーにあっておいしい。
東北の人の素朴な暖かさが伝わってきます。

CIMG4016.JPG

土人形の大好きの友などにかわいい表情やとぼけた表情の猫を購入。
ご主人やご家族の方に見送られ、ずっと一緒に見学していた運転手さん(個人タクシー)と話し弾みながら彼のお勧めスポットへと向いました。










posted by うらら at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ドイツfashy社製 湯たんぽ

CIMG4184.JPG

いやあ、散々でした。
こんなに寝込んだのは腰痛以来始めてです。

連日よく働きよく遊びでと、遅い夕食をとりお風呂に入りいつものようにベットに入った火曜の夜。
一眠りした頃、急激な寒気で体が震え始めました。
普段は無縁の湯たんぽを抱きかかえるようにして寝ようとしたのですが、体の節々やとにかく体中が痛くて苦しくて眠れない。
朝になりましたが、治まるどころかますます苦しい。
これではダメだとパジャマにコート(もちろんこんなの始めて)を羽織って近くの医院に送ってもらいました。
医院のすぐそばに大きな病院があるのですが、今春近所の方が「風邪でだるいから点滴でも」と病院に行き、その点滴の最中に急変して死亡。
原因はわからないのですが、苦しい中にちらりと気になります。
そこでご年配で賑わっている医院に決め、苦しいので簡易ベッドで待ちつつ検温すると38度8部。
先生が言われたのは「一体何なんでしょうねえ…」

注射か点滴で楽になるかと「とにかく体中が痛くてだるくて」と必死で伝えると「では薬をだしておきましょう。それでよくならなければまた明日」
出されたのは、トンプクと朝夕2回の錠剤2種。
なんで注射をと思っていたら、最近その医院で注射の事故があったことを後日知りました。

薬を飲み1日寝ていると体の痛みはとれましたが、次はすごい下痢。
ふらふらしながらトイレとベットの往復です。
たべなきゃあ元気が出ないとおかゆをすすり、下痢に効くかとりんごをジュースにし、脱水予防に番茶などとお腹をなでなで動き始めました。
でも胃と腸に時々来る激痛に、「ああ、どこか違う医者で注射でも」などと考えているうちに4日目となり、痛みの間隔もあいてきて何とか今に到っています。

と書きつつ、今回のこれは一体何なんだったんだろう…。
あの寒気がした夜頼もしくて優しいさわりの、ドイツ製の湯たんぽ
今秋雑貨屋であれこれ活用できるということで買ったもの。
これをブログに書こうなんて考えはじめたくらいですので、どうやらほぼ完治したようです。やれやれ。
posted by うらら at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

讃岐の郷土料理

讃岐といえば、讃岐うどん。
この讃岐うどんに一緒にいただくものの一つに「鰆(さわら)の押しぬき寿司」があります。
坂出に押しぬき寿司が美味しいと評判の『凛と』さんがサンポートヨンデンプラザで講習会があると聞き応募し、運よく参加することができました。

押しぬき寿司だけと思っていたら、「梅たたき」「なんばうどん」そしておまけの「黒豆きなこプリン」
「しっぽくうどん」は知っているけど「なんばうどん」とは。
早速手を上げて先生に尋ねたら「大根や里芋などの野菜に鶏肉の入っているのがしっぽく、鶏肉でなく地元の本シメジ(いいだしが出る)などきのこで作るのがなんば」とのことでした。
寿司飯を抜き型に半分ほど中央をくぼませて詰め、その上にまたまた寿司飯。
下味をつけた鰆などの具をそのうえにのせて、できあがり。
高さは5センチほどの押しぬき寿司です。

CIMG4049.JPG

オール電化の設備の整ったキッチンで楽しく調理した後、全員で「いただきまーす」
梅のたたきも肴によさそうだし、黒ゴマきなこプリンも美味しかったし・・・。

CIMG4050.JPG

でも押しぬきの木型を全員おまけにくれたのが、とってもうれしい!
posted by うらら at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那須経由で

今年最後の那須行きは、もう無理かもと思いつつギリギリでホテルつきの格安チケットで仙台経由で。
これで最後かといつも思いながら、母を連れての旅です。

義母は旅や遠出が嫌いで美味しいものを食べるのが好き、母は食べることより車窓の景色を眺めたり乗り物には強く旅が好き。
両方の私ですが母を連れての旅は少し疲れるけれど、景色を眺め「今までで一番きれい」と喜ぶ笑顔に癒されます。
なんて書くとさぞ孝行娘のようですが、恥ずかしいかな母の旅費は母持ち。

仙台に着き、一度見たかった土人形と運転手さんお勧めの庭園を巡ってホテルに到着。(このことはまた後日に)
親類との夕食場所に通った一番街は、クリスマスムード一色。

CIMG4034.JPG

さすが杜の都仙台。
翌朝のホテル前のみごとな街路樹。

CIMG4036.JPG

仙台から親類の車に乗せてもらって2時間。
先生宅に着き自分ではまずまずの針目と思っていましたが、とんでもない。
散々叱られがっくりしつつも指摘されてることを反省し、いつものごとく「さあ、帰ったら頑張ろうっと」


さて、母が喜ぶかと南会津にある大内宿に。
晴れたりやんだりと変な天気ですが、さすがに寒い。
昔を偲ばせる藁葺きの建物は、ほとんどが郷土みやげのお店や蕎麦屋さん。

CIMG4038.JPG

古民家の前にはやはり昔のような水路があり、音を立てて水が流れていきます。
野生の竜胆が寒さにも負けず凛とした紫で。

CIMG4040.JPG

たくさんの蕎麦屋さんのなかでも有名な『三澤屋』さんで、しばらく並んで通されました。
囲炉裏がいくつもきってあり、炭火の宴席のような暖かさが心地いい。

CIMG4044.JPG

以前はこの葱が薬味兼箸代わりだったそうですが、今はお箸がついています。
からみ大根が効いた高遠蕎麦はまずまず美味しいのですが、あまりにも早く出されたので「?」

CIMG4046.JPG

仙台への帰り道、裏磐梯に回ってもらいました。
学生時代所持金なく、親切なタクシーの運転手さんに連れられ泊めていただいた懐かしい民宿を訪ねてみたかったのです。
桧原湖近くの民宿遠藤はきれいになってあり、思わず歓声。
あいにくご主人は湖に出かけていて、おばあちゃんが「温泉があるからはいってけ」
以前は古いおうちで協同風呂だったのですが、ご主人手づくりのお風呂には懇々と流れるお湯。
おばあちゃんにまた来るからと約束し雪の降り出した桧原湖をあとに。

CIMG4047.JPG

山の葉のない木々の梢に積もる雪は美しく、車窓の景色を親子で眺めながら今年初雪となった仙台に向いました。
posted by うらら at 10:50| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

清々しきこと

フラワーアレンジを教えながらソーイング教室もされている、いつもニコニコと元気なN 先生にちょこっとアレンジを教わりました。
あるときは苔玉や山野草、リース、ハンギング、そしてフラワーアレンジと、教えてくれる内容が時期や季節によって変わるのがいい。

CIMG3932.JPG

これは夏のお稽古のハンギングだそう。

CIMG3936.JPG

近くの山の山野草。(名前忘れました…^^;)

CIMG3944.JPG

この日のフラワーアレンジ。
急ぎ帰ったので、おまけ無し。
というおまけは、アレンジに使った残りの小さな花々と庭の緑を加えてミニブーケをいつも作るのだそう。
お花に触った後は、なんだか清々しい気分になります。

明日より3日間ほど留守です。
しっかりオアシスに水を張っていかなくては。
posted by うらら at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

菜懐石 霜月

四国八十八ヶ所、つまりは88寺。
香川県には23の札所となるお寺があり、87番札所が長尾寺。
ここで「菜懐石」が春秋限定として6年ほど前から行われていて、人づてに聞いたことがありました。
Yちゃんのお誘いで1ヶ月ほど前から予約して、楽しみに(食べることですので)出かけました。

当日11月7日は雲ひとつない、暖かというか暑いくらいの小春日和。
お寺のところどころで見かける「三羽雀」紋。

!cid_005301c8211a$60c6b280$02861cdb@neccomputer.jpg

家紋大好きですのでズーム。

!cid_005501c8211a$60c6b280$02861cdb@neccomputer.jpg

さて、待合室に通されワクワクと呼ばれるのを待ちます。
床には早くも椿、手入れされた中庭や本堂裏の庭園は秋模様。
これから食事をする広い部屋は、以前宿坊として使われていたそうです。
結願寺となる最終の88番大窪寺に向う夜、泊まり人は様様な思いで眠れぬ夜を過ごしたんだろうなあなどと考えていたら呼ばれ、いそいそと席につけば市内の知人の顔もちらほら。

CIMG3908.JPG

菜懐石の本日の献立に目を通しながら運ばれてくるのを待ちます。

CIMG3903.JPG

旬菜:ねぎ豆腐 にんにく焼き味噌 冬野菜のスープ

CIMG3904.JPG

八寸:赤こんにゃく 青菜 蓮根の胡麻和え 茄子田楽 トマト 南京寄せ 白和え 卯の花 こんこん巻き ぶどうおろし酢和え

CIMG3910.JPG

椀:山づと寄せ(栗とあずき) 椎茸 もみじ麩 ゆず 

CIMG3914.JPG

向:南禅寺麩 パンプキン麩 紅たで わさび醤油

CIMG3916.JPG

焼物:あわび椎茸のステーキ 車麩 じゃがいも糸菊

CIMG3919.JPG

温物:里芋まんじゅう 柚味噌

CIMG3922.JPG

御飯:栗御飯 香の物

CIMG3925.JPG

蕎麦

CIMG3929.JPG

甘物:ブラマンジェ りんごのコンポート

そしてここで待つこと数分。
広い座敷に通され、予約販売もされている甘納豆ともち米を混ぜきな粉をまぶしたおはぎ風のお茶菓子とお抹茶をいただいた後、お寺の方と質疑応答タイム。

!cid_005001c8211a$60c6b280$02861cdb@neccomputer.jpg

仕事が気になりながらの参加でしたが、誘ってくれたYちゃんに感謝の食事でした。
感心したのは工夫され丁寧にだされた精進料理と、男性の姿は1,2名なのにほとんどがオバサマ方(私もだけど)だったこと。
これからの高齢社会の「あるなにか」」をふと思った『菜懐石』でもありました。 




posted by うらら at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

マックスマーラ

CIMG3939.JPG

イタリアのプレタポルテ『マックスマーラ』がブランド設立55周年を迎えました。
マックスマーラの歴史は戦後オーダーよりも既製服に需要が集中すると予見し、初の試作品はスエード風の合成皮革を使用してのコートだったそうです。
80年代キャメルにステッチ、テーラード、ダブルボタンのコートでマックスマーラのブランド価値を不動のものにしました。
デザイン、縫製、生地と洗練されていて、シーズンの最初にウィンドウやデパートで眺めるのをいつも楽しみにしています。
今年は55周年ということもあって、ファッション雑誌の広告で1,2点の写真なのに特集があったりと嬉しいかぎり。

ko-to.jpg

先日高松市内のウィンドウで形のいいコートを見つけ思わず足を止めました。
気がつけばやはりマックスマーラ。
いけないなあと思いつつ携帯でパシャリと、冬のコートの参考に。
posted by うらら at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

うしおじさんちのかわいい二匹

市外へでたついでに、近くにある『うしおじさん』のお店に寄りました。
ここはパンも美味しいけれど、ジャージー牛乳を使ったエクレアが好き。
駐車場に車を停め、売店のログハウスを通り越しまず行くのは牛舎(一応牧場というのかなあ)。
動物達に挨拶して、それから買い物です。

CIMG3880.JPG

おおっ、今日はかわいいウサギ?それとも…?

CIMG3889.JPG

フンッ!あんたなに言ってんのよ。
あたいのかわいい坊やたちでしょ。

ということで牛舎の奥に、山羊の赤ちゃんがいました。
そっと触ると毛はふわっと柔らかです。
おかあさん山羊のおっぱいを追っかけたりとかわいい仕草は見ていて飽きません。
また成長ぶりを見に行かなくては…。
posted by うらら at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駱駝で楽だ

IMG_1876.JPG
最初の一枚

12月にあるデザイン協会のリレー展用のDMの写真が決まらない。
テーマは『和みの風』だけど、ポスターの一部に使ってくれた写真が捨ててしまっているし。
あー、早く送らないと葉書きの印刷が遅れてしまう。

焦って思いついたのが、以前トルファンだかで買ってきた小さな駱駝の置物。
刺し子の上に置きとにかく数枚写し、文に添付しやっと送信。
これのどこが和み、と突っ込まれると辛いけど…。
いつものことながら、早くしておけば楽だったのにと駱駝を眺めつつ反省。
「そうだ、記事タイトルは駱駝で楽だに」なんて、座布団三枚取られそう。
posted by うらら at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

レターセット

CIMG3340.JPG

心和む美術館の一つ、『東山魁夷せとうち美術館
何度かブログでも紹介したけど、今回はうっかり。
好きな日本画家小野竹喬(ちくきょう)の絵が1ヶ月ほど展示されていたはずと思い出し、ホームを覗いたらもう終わっていた。

友人に手紙をと引き出しを開け、このレターセットで思い出した。
以前も書いたけど、このモダンなイラストは東山魁夷のもの。
凛とした日本の絵も素晴らしいけれど、ゆったりとした北欧の絵や小さなイラストも大好き。
posted by うらら at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。