2007年10月01日

携帯電話の充電器

CIMG3470.JPG


携帯電話の充電を習慣にしていないので、話している途中やかけようとして電池切れだったりすることがときにありまた。
今春より会社を変え機種を薄型にしたら、以前のものより電池の持ちがかなり悪い。

先月出先で会話途中に電池切れとなり困っていたら、コンビニに乾電池の充電器があると教えられ急ぎ購入しやれやれなのに、同じことをまたまた京都で。
ショップを探して充電してもらおうかと考えながらすぐそばのコンビニで、「おっ」とこんなもの発見。
三社に対応し、コンセントやパソコンからそして車のシガレットから充電できると書いてある。
うっかり者には頼もしきものを見つけたと一人ご満悦です。

早速車に積んでおかなくては。


posted by うらら at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

稲門茶会

W大学主催の『稲門茶会』が玉藻公園にある披雲閣(ひうんかく)でありました。
暑さ寒さも彼岸までとはいうけれど真夏のような暑さの中、付き合いで買ったチケットのため汗を拭き吹き出かけました。
涼しければ着物でも…なんて思っていたのでしたが。

普段は拝見できない茶碗や掛け軸が展示されているので、大広間までぐるりと周りました。
通路を行き当たると、1メートルほどある大きく簡素な蹲に突き当たります。

CIMG3401.JPG

角を曲がって進むと、またまた満々と張った水に梢が映った大きな蹲。

CIMG3406.JPG

通路に立って庭園を眺めると、サンポートタワーやホテルが見えます。
いつまでも続く暑さに、青々とした松の緑も元気がありません。

CIMG3411.JPG

たくさんの人と席を交代してお茶をいただきました。
茶菓子は「みのり」とのこと。

CIMG3414.JPG

大広間の端にもまたまた蹲発見。
何度かお茶会や催し物で来ているけれど、こんなに大きな蹲が三つもあったなんて。

CIMG3429.JPG

暑かったからでしょうか、水を張った蹲に潤いを感じほっとしました。
お手前の方もお運びの方も、お茶をいただく者も汗びっしょりのお茶会でしたが、軒先からのかすかな風はやはり秋…。




posted by うらら at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

栗林公園 花園亭

観月会というのでもないのですが、笛の相棒とお誘いがあり栗林公園に出かけました。
場所は園内休憩処前にある花園亭。

CIMG3325.JPG

小さな一間だけの部屋(小屋)ですが、部屋の眼下には北湖が広がり対岸には美しい松が広がります。

CIMG3338.JPG

6時半には閉園ですが、北湖もライトアップされ初対面の方々と異業種交流的な雰囲気のなか、三味線、笛のお耳汚しもあり話弾んでの愉快なひとときでした。
そうそう、池の向こうの松にとまりいろいろポーズをとって楽しいませてくれた白鷺くんも迷ホストぶりでした。
posted by うらら at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

喫茶チャオのコーヒー豆

CIMG3176.JPG

下手の横笛で、慰問のとき仲間にさせていただいているチャオ音楽隊。
この音楽隊、知る人は知る知らない人は知って欲しい、喫茶チャオのマスター率いるジャズのグループです。

本業はカフェのマスターですが、ジャンレノばりのマスク(ごく一部で田中邦衛という声も)で、モデルを頼まれることもしばしば。
剣道も有段とかっこよく、子ども達の指導をしています。
そんなマスターが、こだわりのチャオ音楽隊ブランドのコーヒー豆の販売を始めました。
顔の広さもあってついついのノリで、ラベルは知り合いのデザイナー作。
「ときどき音がはずれるチャオ音楽隊」のコーヒー豆をよろしく!!
posted by うらら at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の来ない夜はない

CIMG2952.JPG
マリさんより届いたアメリカのお菓子 こんなふうに食欲あり

ずっと煩わしいことがあり、それも何とか自分で解決するしかなく仕事も遊びもやる気無しの日々でした。
世の中「なんで?」と思うくらいしつこい人もいて、プラス思考の楽天家でしたが暑さも追加されて悶々…。

以前ある雑誌に五木寛之の本を読んで感想を書き、選ばれた人は東京で彼と対談しながら食事というに応募しました。
何度かの選考があり最後は香川県で私だけになり期待したものの最終でボツ。
そのとき書いた「暗闇の夜にも必ず光射す朝が来る」といった内容でした。
だらだらと汗をかきつつやる気が起きず気がつくとマイナスに考え込んだりしながら、ふとそのことが浮んできました。
そういえば年明けに、とても幸せでまさに順風満帆に見えた友人が深い悩みを抱えていて驚いたことも。
「皆それぞれに大きいか小さいか、何らかの悩みは持っているのよ」の言葉が妙に説得力あったっけ…。

あれこれと考えたり答えを探して過ごすうちに、いつもの「まあいいか」に。
そんな状況でも食欲があり、体はすこぶる快調。
今夜は久しぶりに中学時代の友人と会うし、悶々もすっかり忘れてしまいそう。
posted by うらら at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

9月1日

前日もそうでしたが、忙しい1日でした。
二年に一度の笛のゆかた会。
今や月に一度のお稽古前に、外れた音色で練習程度です。
が、今回反省しました。(浴衣会後はいつものこと)

演じたのは長唄『四季の山姥』で、一時「翁」や「姥」がつくのは静かな曲だし近いこともあってなんとなく「やだな〜」と。
ところが長唄『松の翁』は人生を悟った翁の上品な曲、今回は怪童といわれた足柄山の金太郎(坂田蔵人公時)の母が姥となり、遊女だった頃から現在までを振りかえる曲で、竹笛がしっとりと情緒のある一曲。
衣装は呂の紫の着物に、同じく呂の桔梗の名古屋帯。
なんて書くとかっこいいけど、どちらも譲りうけし中古品。

CIMG3255.JPG


そのまま夕方からすでに式は先月終え、駆けつけるのは姪の披露宴。
すべて母親によるフラワーアレンジは若い二人の門出を彩り、みごとで暖かく心残る披露宴でした。
うっかりカメラを忘れ、たくさんのアレンジを写せなかったのが残念。
持ち帰ったうちの一つでもとカメラを向けたら、元気になったうりちゃん、早速邪魔!

CIMG3241.JPG

それぞれ柄の違ったハンカチの上に乗っていて、花と一緒に各自お持ち帰り。

CIMG3244.JPG

これは新婦の希望で、ケーキをかたどった容器で各自のテーブルに置かれています。

CIMG3253.JPG

招待した側の優しい心配りが伝わってくる、素敵なひとときでした。
Mちゃん、お幸せに…。
posted by うらら at 10:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

1秒違ったら…


IMG_0942.JPG

昨夜はずいぶん寝苦しい夜でした。
うりちゃんが息をしていないのではと何度も見に行ったり、そして昼間の事故のことを思い出したり…。

うりちゃんを連れて行った病院は、交通量の多い国道沿いの交差点の角にあります。
1時からの診察に数分早く着いたので車の中でぼんやりしていたら、ブレーキ音の後大きくぶつかる音がしました。
ドアを開け見ると黒いコンパクトカーが、沿道のガードレールと電柱にぶつかり大破しています。

運転席が開いて若い男の子が、めきめきときしむドアを開き助手席のぐったりした女の子を抱え上げ沿道に下ろしました。
日陰もなく炎天下です。
傘を持って国道を渡り、救急車が着たらここにおいといてと渡しました。
「ありがとうございます」と彼女に傘をさしかけしゃがみこみました。
「大変やったね」というと「僕が悪いんです」とはっきりと落ち着いて答えました。
こんなときうろたえるはずなのに、ずいぶん落ち着いた青年だなと思いました。
診察の間に、二人は救急車で運ばれていました。

夜中、うりちゃんが気になり寝覚め、寝ようとすると昼間の二人はどうなったんだろうとふと考えたり。
1秒でも違っていたら、横からの車にはすれ違うだけで事故にはならなかっただろうに、などと運命論まで考えたりしてしまいました。
posted by うらら at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

インカの夢


CIMG2979.JPG

お墓参りに帰省した友人に会いました。
彼女は今年5月、一人で南米の旅に出かけました。
季節が悪く、来年は2月あたりに行きたいそう。

お土産にローズヒップオイルと木の実のネックレスをばらしたものをいただきました。
自然の色で、小物に使うと楽しそう。
もっと欲しいので来年行ったときにとお願いしました。
手のひらでジャラジャラ転がせながら、私も南米の旅に憧れていたころを思い出しました。

インカの旅はパミール高原での高山病の苦い体験に、夢で終えることにしてしまったけれど。
posted by うらら at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ふしぎな葉っぱ


070808_1504~01.jpg


昨日は手芸クラブというか刺し子のボランテァ。
汗をかきつつ終えた後、1Fにあるおしゃれなカウンターで飲み物とお菓子をいただきます。

いつもきれいなお花や珍しい植物を見かけるのですが、この日は水を張った器に浮んでいた一枚の葉っぱ。
そこからまたまた新しい芽が伸びています。
外来種だと思うけど珍しいので携帯電話のカメラで、お持ち帰り。
posted by うらら at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

「てらきち」さん

「箸袋にするような布のことでお伺いしたいんですが」と塩江町民宿やすらぎさんのお嬢さんから電話があり、とりあえず来ていただきました。

おっ、かっこいい!!
今や有名人だという『てらきち』さんとかぐや姫みたいなおねえさん。
まず筆を出して名刺に挨拶の言葉を書いてくれました。

CIMG2960.JPG

写真を忘れたけど、二人の雪駄がまず印象的。
ホームで見ていただくとわかりますが、書道家でありマイお箸のエコ活動家であります。
全国声が掛かれば講演にいくそう。
お箸はお父さん、箸袋はお母さんとお姉さんの役目とか。
持参された竹箸とその箸袋。

CIMG2961.JPG

手づくり冷菓を持参のKさんも加わり、「箸袋の生地の質や印象は大切」とか「箸先をうんと細くしたら」と真剣におしゃべり、じゃなかった討論会。

CIMG2963.JPG

紐止めとかにまでこだわった箸袋ならぬお父さん手づくりの凝った箸筒。
中は『侍箸』とネーミングされた、箸先が収納される面白いお箸です。
侍に憧れ箸使いの上手だったボブを思い出し
「これアメリカやったら、より受けるかも」
「はい、今度ロスにマイお箸運動で講演に行きます」

世界に広げよう、マイお箸。
マイお猪口の持参もいいけど、私も好みの箸袋を選びマイお箸使ってみます。
posted by うらら at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やれやれ


CIMG2969.JPG
毛皮はあつい〜、とうたた寝中のウリちゃん

蝉時雨も賑やかな、残暑厳しい昼下がり。
姉からの電話で、母が食事も欲しくないと食べず元気がない。
早速出かけ病院に行くもよし、我が家でぶらぶらもよしと数日間泊まりに来てもらいました。

私には父を亡くした母と義父をなくした義母、二人の母がいます。
母も何とか義母は元気に自分のことは自分でやってくれるので、私も放浪できるというもの。
でも母はときに「ひぇ〜」と思うようなこともやってくれるので、心配です。
そんな母がいるので、ネットフレンドのkyokoさんやさるちゃんのホームでよくほっとしたり癒されたり。
山形でファームスティのときは家ではなく、夜な夜な母に電話でした。

ここ数日いろいろ忙しい中、病院に行ったり家族の晩酌の相手をさせたりしているうちにやや元気になり、仏壇を気にし始めたので実家まで送って行きました。
さーて、溜まっていたやるべきことはいろいろ。
頑張りまーす。

CIMG2971.JPG
どっちを向いてもやっぱあついわ〜 とお気楽な身分のうりちゃん
posted by うらら at 14:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

好景気とはいえ…

CIMG1981.JPG
父の形見のような、「鳴子百合」


男気のある、義理と人情のMさんが倒産した。
そこそこの工務店を経営していたので聞いたときは本当に驚いた。
あんないい人が…。
奥さんも気さくで感じのいい人だった。

上手に、というか計画的に倒産し資産を守る人もいる
Mさんのこと、周りを気配ってギリギリまでやりくりし力尽きて倒産したんだろうなあ。
夕食後、買い物に出たとき一人ジョギングしているMさんに何度か会った。
「暖簾に寄り道したら行かんよー」などとからかったらニコニコしてたけど、あの笑顔の奥で会社経営の悩みや辛さが渦巻いていたんだ。

世は好景気といわれているのに、春からこれで知っている人が二人。
いやな時が過ぎ、あの爽やかな笑顔のMさんに会えることを願っている。
posted by うらら at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

昨日の刺し子クラブ

ネットフレンドのkyokoさんのブログを拝見し、少しはほっとした。
新聞の小論のようなさっさと書かれた文章に、相変わらず上手いなあと感心。
そうでした。
「天災は忘れた頃にやってくる」「備えあれば憂いなし」


CIMG2860.JPG

先月は双方の都合が会わず、山形行きもあってお休みしたホームの刺し子クラブ。
皆さんとても楽しみに待ってくださっていて、嬉しさ半分緊張しました。
いつものメンバーの元気な笑顔を拝見すると、心和みます。
今回は大人のぬり絵風に、色の刺し子糸をたくさん用意しました。
やはり色があると嬉しそう。

先回まで作っていたコースター、ご家族にとても好評だったとのこと。
花フキンの合間に、シンプルで興味を持ってくれそうな図案のコースターを入れてもいいなあ…。
こんなときいつも残念に思うのは、絵心がないこと。
posted by うらら at 13:36| Comment(4) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

昨日、今日

CIMG2827.JPG

机の隅にあった、ロブにもらった名刺。
居合いが大好きで、14歳から日本に憧れていたとか。
裏面には「Ni-to Ryu 」などと書かれていて、思わず笑ってしう。


昨日、一度は行ってこなくてはいけない東かがわ市のHさん宅に。
お土産に涼しそうなカップをいただく。
ところどころにある銀の数字が、Hさんのこだわりだそう。

CIMG2858.JPG

帰り、みろく道の駅で昼食。
みろく定食、これで840円。
刺身は近くの漁港のものかと思ったら、サーモン。
でもトロみたいでおいしいし、天ぷらも衣が厚くなく熱々。

CIMG2837.JPG


新潟地方に地震、とのことで今日は一日テレビのニュースに釘付け。
頭の中でちらちらしていた本のことも吹っ飛んだ。
ついこの間走った北陸道が、と映像を見ていると怖くなる。
どうかこれ以上被害がでないようにと祈るばかり…。



posted by うらら at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

山形にファームステイ?

CIMG2392.JPG
それまでにとあせりつつ、雑誌にあったボレロの1作も衿はよくても気に入らず…

仙台の親類に行ったとき山形県を走っていたら雪の中に褐色の幹が点在。
さくらんぼの木と知り、佐藤錦のなる頃さくらんぼちぎりのアルバイトはないものかという話になった。
さくらんぼちぎりのツアーではなくて、農業体験してみたい。
親類や知人に頼みボラバイトで調べ問い合わせたりしたけれど、クリアできないものがいくつかありすべてダメ。
がっかりしながらもしつこくネット検索していたら、あるアルバイターの手記にいい体験ができたと書いてあるのをみつけ、逆に検索していき三度目で電話が繋がった。

年齢、女性で四国、期間が短いなどの断られた諸条件も優しくOK。
じっくりとホームを見るとそばに赤湯温泉があり、あっと気がつきふしぎな気分になったのは、さくらんぼちぎりのアルバイトの話になったのがこの場所を通過しながらだったこと。
友人がアイルランドを旅し、一週間ほど農家でファームステイをした話を聞いたけど、いうなれば私も山形にファームステイ。

ずっと以前司馬遼太郎が一番日本らしい(良い)のが山形、といった内容を読んだことがあり、その山形に数日間でも過ごすことができる。
また近くの米沢にはシナフなど古代織物の資料館があり、先日のkyokoさんのブログにあった登場人物の史跡にもひよっとして立ち寄れるかも。

山形までをドライブナビで調べたら意外に近く、13時間くらい。
徳島の友人と二人ギリギリ仕事を終えその後車で。
仕事や家事に焦りつつ、この旅明日夕出発なり。
posted by うらら at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ふしぎなブランデー

時に行くカクテルのお店で、ふしぎなブランデーのボトルを発見。
中のりんご、一体どうやって入れたのでしょう?

CIMG1618.JPG

マスターに尋ねたら
実のついた枝をボトルの中に入れ、りんごが大きくなったら枝から切り離すそう。


お酒ついでのお話。
映画で、シャンパンを注ぎいちごをポンと落として飲むシーンがあり「?」
こうして飲むと「シャンパンもいちごも両方美味しい」
アメリカ人のアンディーがうっとりとおいしそうな表情で教えてくれました。
posted by うらら at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

能登半島地震義援金

霧の森で連れ帰った、八つ頭クン
現在こんな感じ。
葉の茶色く穴が開いているのは、愛猫うりちゃんのしわざ。
花木がどんどんと成長していくのを見るのは、気持のいいものです。

CIMG2380.JPG


昨日朝のニュースで中国の水害の悲惨な様子が流れていました。
高松でも3年前に大潮の水害があり、先日そのときにジュースをいただいた方とばったり。
世間話からそのときのことになると、「もう思い出したくもない」。
私の家は車などがだめになった程度でしたが、義母宅は浸かってしまったりで大変。
ちょうど実店舗をやめる寸前でそのごたごたもあり辛い日々でしたが、教訓にもなりました。
そんなこともあって、今回販売のご入金の一部ですが能登半島地震義援金(郵便振込み)に使わせていただきました。

生地発送後のある日、お客さまからご丁寧に「伝票に送料が書かれていません」とのメール。
「ああ、こちらのミスですからいいですよ」と太っ腹で書くべきところを「すみません。今回義援金を考えており半分でいいですからプラスしてご送金ください」といった内容のせこい返事を送りました。
その方からすぐメールが来て、「その半分を義援金の足しに」と全額のご入金でした。

それゆえに書くのではありませんが、Ns(えぬず)は本当にいいお客さまに恵まれています。
ご注文にもコメントをつけてくださったりリピーターの方も多く、厚かましいようですが全国に仲間がいるような気持ち。
ブログを借りての事後報告ですが、「ご注文くださった皆さま(ご訪問の皆さまも)、義援金のご協力ありがとうございました」。
posted by うらら at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

みんなで田植え、みんなで食事

昨日夕方よりガラガラゴロゴロとすごい雷。
昼間は撮影会と称して、三木町にあるイングリッシュガーデンに。

一夜明け、晴れ女の云われどおり快晴。
今日は地産地消の会ESCが毎年続けている地元酒米オオセトからの田植えの日。
私は初めての参加で、田植えも初めて。
日焼けを気にしつつ、昔ながらの定規を使い泥んこになって苗を植えていきます。

わあ、完成!

CIMG2323.JPG

あっ、間違えて道路反対のしっかり成長している田んぼでした。
私たちのは、ここ。
無事育つのかなあと心配になりましたが、ここ数年の経験から大丈夫とのこと。

CIMG2328.JPG

だれですかあ、早乙女気分は。

CIMG2323.JPG

さて、沿道の水で手足の汚れを落とし山頂にある高山航空公園に。
はじめての場所ですが、遠くに高松空港の滑走路が見えます。

CIMG2331.JPG

バーベーキューの設備や屋根つきのベンチやテーブルがあり、ここで昼食です。
少し遅れて、里山の達人グループも到着しました。
採ったかずらをすでに車の中で編み、野の花や木も。

CIMG2338.JPG

これは野生の「みょうが」

CIMG2340.JPG

いい香りの「すいかずら」

CIMG2342.JPG

あれあれあちらでは、車から「わら」の束。

CIMG2334.JPG

わらを燃やして、高知県出身のNさんが「かつおのたたき」を。

CIMG2348.JPG

包丁裁きもお手のもの。
豪快にすっすっと切っていきます。

CIMG2349.JPG

テーブルの上には、先ほどの野の花で達人作のオブジェが完成。

CIMG2354.JPG

同じくテーブルの上に、近くにあるうどんの有名店『山越』のうどん玉、おにぎりたたきと並んでいきます。

CIMG2358.JPG

うどんのだしや薬味を各自でとりわけ「かつおのたたき」に舌鼓。
達人作のしょうがのおにぎりも。

CIMG2356.JPG

はじめていただきましたが、さっぱりとして美味しい。
自家製の山椒の佃煮に、塩漬けの桜。
食後のデザートは、Kさんお手製の小型あんパンやフィナンシェ。
あんはそら豆の優しい味の手づくり餡。

CIMG2360.JPG

おしゃべりも弾み一息ついて、食後の運動ならぬスイカ割り。
広いところにスイカを置いて、と準備していたらUさんの「ニワゼキショウ、かわいいでしょ」
ホント、かわいい…。

CIMG2363.JPG

さあ、スイカ割りの始まり。
楽しい歓声を上げながら、なかなか命中は難しい。

CIMG2367.JPG

「ヤッ」と4番目に挑戦したヤングパワーのKさんが命中。
よく冷えた甘いスイカをいただきながら、皆で食べるアウトドアの食事の美味しさ、楽しさを満喫の初夏のひととき。
いろいろと計画しお世話して下さったUさんをはじめ、メンバーの皆さんありがとう。

うーん、それにしてもあの苗無事育つのかしらん…。








posted by うらら at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

小説家をみつけたら

先月スターチャンネルから「1ヶ月の料金で3カ月見ることができます」という案内があり、とりあえず様子を見ることにしました。
まったりとソファで映画を見て過ごす、願望は多いににあるのですが現実はなかなか。
ときどき加入しているケーブルの、ムービープラスでの映画を細切れにみるくらい。

昨日10時より来客ありなのにパソコンが繋がらず何の気なくスターチャンネルにしたら、始まったばかりでなんだかよさそう…。

200702172.jpg


ああ、久しぶりに感動しました。
10時前の終了で間にあったのですが、泣きすぎて瞼は赤くはれ鼻は真っ赤という恥ずかしい顔に。
小説家を見つけたら
(リンクは個人のブログですがうまくまとめてくれていたので)
20001年上映ですが、セリフの翻訳もうまいなと思うしなんともエンディングの「虹の彼方に(Over the Rainbow )」もぴったり…。

昨日はパソコン不調で繋がらなかったけど、本日余韻でそれも入っていることだし、イズラエル・カマカヴィウォオのCD注文しました。
楽しみ!
posted by うらら at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

『ルビードゥ』アトリエ訪問

またまたお庭がメインのブログです。

先週末、以前銅のテッシュケースを教わったジュエリーデザイナーのTさん主催のルビードゥ新作展があり、メル友のリボンさんとのご対面も兼ねて出かけました。
高松に住んで30年近くになりますが、アトリエのある高台ははじめての場所です。

臨時駐車場に車を置き坂道を登っていくと石垣の割れ目にけなげに咲く花を発見。
そして見上げるとカーテンのようにピンクの花が垂れ下がっています。

CIMG2099.JPG


やはりTさんのアトリエで、道路沿いの階段をあがっていきます。

CIMG2046.JPG

Tさんはガーデニングも大好きで、白いバラの咲き乱れる頃の庭が新聞で紹介されたとか。
玄関横には青々とした庭が広がり、以前聞いていたお気に入りの別珍で作ったカバーの椅子とテーブル。

CIMG2049.JPG

まだまだ元気なクリスマスローズたち。

CIMG2052.JPG

そのまわりを囲んだようにさいていた小さな朝顔みたいな花。
雑草でどんどん花をつけるとか。

CIMG2059.JPG

庭は後にして、入ろうとした玄関の上で迎えてくれたかわいいたうさぎ。

CIMG2048.JPG

入ってすぐ階段横のアンティークの木馬、花瓶の花もいい雰囲気。

CIMG2089.JPG

CIMG2088.JPG

幾組ものお客さまが見えていて邪魔にならないようテラスに降り、手入れの行き届いたお庭を散歩しました。

CIMG2062.JPG

この建物自体がしゃれていて、向こうの黒い扉の向こうにも階段があり道路に通じています。

CIMG2073.JPG

CIMG2071.JPG

扉の脇の左右を大きく写すと、こんな感じ。
テラス脇のコケも庭で一つの空間を作っています。

CIMG2075.JPG

板張りのテラス脇の陽だまり。

CIMG2082.JPG

と、くつろいでいましたが肝心の新作展を拝見しなくては。

リング、イヤリング、ネックレス、帯止め、そして銅細工。

CIMG2091.JPG

CIMG2094.JPG

CIMG2093.JPG

彫金に関することやそれに使う石、こだわりの服など彼女の集めたアンティークや小物の話も楽しいけれど、そろそろお昼時。
アトリエを後にしようとして、職人技のTさんお手製のピンタックのクッションを思わず手に取りました。

CIMG2096.JPG

子供服やその下着までこだわり手づくりし、器は一時東寺に通って揃え、自分好みの庭に数年掛けて完成したというこだわり。
隅々まで手入れの行き届いた素敵な庭を後にしながら、乱雑な我仕事部屋を思い浮かべ「心中複雑なり」のアトリエ訪問でした。
posted by うらら at 20:29| Comment(2) | TrackBack(2) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。