2008年01月18日

マーレンダム

CIMG4314.JPG

バーゲンたけなわ、いえピークは過ぎたでしょうか。
ジャケット類は既製品だと肩幅があわないので購入しませんが、セーター、パンツはバーゲンで気に入れば。
市内商店街にあるシルクロードの絵や写真にでてくる動物の名のお店に、それもバーゲン50%オフの初日にしか行かないちょっとなさけない客なのですが。

店内はおしゃれで品質のいい製品がおいてあり、すっきりみえるカットのイタリア製パンツと『マーレンダム』のセーターを一番に。
4,5年前、始めてマーレンダムのブランドネームをみて驚きました。
テープ状のブランドネームが多いのに、細やかな一枚のレース。
マーレンダムが好きなのは、このレースのブランドネームに惹かれるのかも知れません。

好きといえば、暮れにはじめて会った方。
某高級ブランドのモヘアのマフラーをロゴを正面にタイのように巻き、バックも同じくロゴ入りのメッシュのバックを持っていました。
「このブランドが好きで、この秋新しい型が気に入ったの」
このブランドは柔かで触りのよい上質の皮を使用したもので、スペイン王室御用達そしてLの文字を4つ組み合わせたモノグラムのロゴで有名です。
高松にも専門店ができましたが敷居が高く(私には)、出先のデパートで同じものがありマフラーとバックで70万円近く。

好きって、すごい…。
posted by うらら at 11:03| Comment(4) | TrackBack(1) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

和みの風 2

テーブルには刺し子の小物やKさんの器。

IMG_2058.jpg

IMG_2060.jpg

椅子の横には人気のあった小さなオブジェのような花器。

IMG_2059.jpg

IMG_2081.JPG

Kさんが置いた小さな花器に、Uさんが枯葉や蔓をあしらいました。

IMG_2080.JPG

和みの風 1で書いた、今回の空間をまとめてくれた衝立。
それをよりすてきにUさんが花をあしらってくれました。

IMG_2071.JPG

家近くの裏山の野葡萄と色づいた葉。

IMG_2042.jpg

お色直しのように差し入れしていただいた綿の木と入れ替え。

IMG_2072.JPG

兵庫より送られてきた瑞々しい苔をあしらって、Kさんの大きな壺をより素敵に。

IMG_2070.JPG

NさんのリースやUさんのあしらいで器や刺し子、そして洋服が広いスペースに浮くことなく収まりました。





posted by うらら at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和みの風 1

今回、始まるまでのは半年以上の準備期間がありました。
最初は責任感のようなちょっと熱いものがあったのですが、あまり人が来ないとか、会場となる『かがわプラザ』を知ってもらうためデザイン協会のリレー展とかと聞くうちに意気消沈…。


まじかになり器や花を展示して下さる方々との打ち合わせで「さーて」と現実のものになってきました。
会場となる『かがわプラザ』はサンポートの3階にあり、その広いスペースを自由に使わせてくれます。
この広さをまとめるのに、数年前の高潮被害のときに捨てられてあった3枚の夏の戸を使うことにしました。
これは笑い話のような落ちがあり「わあ、こんないいものが捨ててある」と持ち帰ると「それ先ほどおふくろが捨てたもの」とのこと。
ギリギリの前日に衝立なり、広い空間をまとめるのに役立ちました。

IMG_2041.jpg


まずは入り口正面に、衿の形にこだわった着物地で作ったツーピース。
黒でまとめどちらか一方だけを着ても。
派手ですが、海外ブランドも和を意識したような派手なプリントもあるのであえてこの反物で。

IMG_2064.jpg

今回和みということもあって、花木はほとんどの山野のもの。
野の花のアレンジはフラワーアレンジのNさん、野の花のあしらいは里山の達人Uさんがと、同じ山野の花木も違ったものとなりました。
大きなリースがお出迎えです。

IMG_2068.JPG

壁面には神戸のNさん作の着物地の服や凝った刺繍の入った洋服。
壁に吊るさないリースをということで、植木のリースもかわいい。

IMG_2049.jpg

黒のショートコートは神戸Nさん作で、パターンも好評ですが布に刺繍して作った深紅のバラは立体でよりコートを素敵に見せます。

IMG_2077.JPG

芳名帳横やテーブルにはNさんのリースがいくつか。

IMG_2048.jpg

IMG_2082.JPG

別の壁面には手仕事も和みと師匠のリバーコートも数点。
これはシルエットにこだわりネックから切り替えを入れたウールレースのワンピースとコートのアンサンブル。
リースは希望で売約済み。

IMG_2063.jpg

ニットソーイングもと、パターンブックのエスニックTにダーツを入れワンピースにしたものや今年風のミニケープも好評です。
これは簡単ですので終了後、改めてソーイングボックスで。

と、これ以上アップし続けると洋服のNさん、お花のUさん、Nさん、器のKさんに私とまとまらなくなりそう。
和みの風 2として次に。
posted by うらら at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

和みの風展

CIMG4196.JPG

まだまだ先、もうそろそろ、あああついにと、香川県デザイン協会リレー展の日が目の前となりました。
会期は12月13日〜17日、サンポート3Fかがわプラザにて。
搬入は11日の午後からで、バタバタと4人の和み仲間(勝手に失礼)と連絡を取り合っています。

「あまり人が来ないよ」なんて先にやった人から聞いたこともあって気乗りしていませんでしたが、目前になると会場のレイアウトを真剣に考えています。
<日々の暮らしでふと心和むもの
 それは一枚の服や美しい針目の布
 優しいオブジェのような器や季節の野の花に>

5日間と短い期間ですが、仲間との交流も含め行動することによって得る何か…。
サンポート近くに来ることがありましたら、『和みの風』展をよろしくお願いいたします。
posted by うらら at 00:20| Comment(6) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

マックスマーラ

CIMG3939.JPG

イタリアのプレタポルテ『マックスマーラ』がブランド設立55周年を迎えました。
マックスマーラの歴史は戦後オーダーよりも既製服に需要が集中すると予見し、初の試作品はスエード風の合成皮革を使用してのコートだったそうです。
80年代キャメルにステッチ、テーラード、ダブルボタンのコートでマックスマーラのブランド価値を不動のものにしました。
デザイン、縫製、生地と洗練されていて、シーズンの最初にウィンドウやデパートで眺めるのをいつも楽しみにしています。
今年は55周年ということもあって、ファッション雑誌の広告で1,2点の写真なのに特集があったりと嬉しいかぎり。

ko-to.jpg

先日高松市内のウィンドウで形のいいコートを見つけ思わず足を止めました。
気がつけばやはりマックスマーラ。
いけないなあと思いつつ携帯でパシャリと、冬のコートの参考に。
posted by うらら at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

パターンのアレンジ

CIMG3687.JPG
人物が着た方が素敵です
使用生地はイタリア製の触りのよい上質ウール(近日生地でアップ)


私はAB型です。
だからではないかもしれないけれど、合理的なのが好き。
たとえば両面使えるリバーシブルやちょっとの工夫で違ったものになったりするもの。
洋服のパターンも同じです。
「えっ、あれで」「おっ、こんなのが」みたいに、一つのパターンをあれこれ使いまわすのが好きです。
最初のパターンは仮縫いしたり補正したりで、ベストサイズのものになっています。

このジャンパースカート、リネンやニットででワンピースを作ったものを、ローウエストで切ったニットのワンピースに使ったもの。
肩先を6センチ入れ、アームホール下を2センチ下げ、両サイドにポケットをつけました。
すっきりとシンプルなラインです。
このパターン、結構ご注文をいただきましたがこんな使い方で再利用はいかがですか?
posted by うらら at 08:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

超簡単ボレロ


CIMG3709.JPG

先日アップした、ツーウェイTシャツのワンピースバージョンで羽織っていたボレロ。
これ着ていると、好評です。
そして説明すると「えー、私も作ろうっと」

Tシャツと共のニット地で作るとよりおしゃれなのですが、お気に入りなのに少ししかないいいニット地でも。
一度にあれこれアップできそうにないので、本日は超簡単ボレロのみ。
posted by うらら at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ツーウェイTシャツ

E・E・Eの本のパターンを使って、ワンピースを作りました。
残り布で簡単ボレロも。
このボレロ、着たほうが体に馴染むし縫うのも簡単。
肩や背中を小さいけれど暖かくカバーし、共布だとちょっとおしゃれ。

CIMG3667.JPG

で、裾のスリットについているボタンをかけスルスルと折り上げるとベスト付きのTシャツ。

CIMG3670.JPG

CIMG3675.JPG

織った毛糸の既製品を参考に、Tシャツ地ではと気になりましたが縫製にひと手間かけるとOK。
またソーイングボックスにのせておきますね。

posted by うらら at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

ニットテープのTシャツ

友遠方より来る、でもなく隣県徳島より来る。
ご主人が用事を済ませるまでと立ち寄ってくれました。

黒いジャケットにネックラインもすっきりと、インナーの濃い赤が効いています。
彼女は一回り上なのですが、スタイルも姿勢もいい。
メタボリックなんて無縁の体型ですが、やはり毎晩のスクワットなど日々努力されています。
お土産にいただいた大きな栗が入った『愛慕栗(あいぼぐり』

CIMG3497.JPG

お菓子をいただきながら「このTシャツ、この間捨てようとしてたものよ」
そういえば試作品に使った残りの捨てようとした、ハギレ。
さりげなく高級ブランドの服を着ていることもよくあるので、ジャケットに合わせて買った既製品と思っていたからびっくり。

CIMG3494.JPG
なんだかジュエリーのみ目立ってます ^^;

自称自己流のホームソーイング、ですが布帛でもニットでもシンプルなのをセンスよく縫っています。
これは『ラグランスクエアネック』のパターンをそのまま、市販のニットテープで始末した簡単仕上げとか。
ニットテープを使った既製品は知っていたけど、一度使ってみなくては…。
posted by うらら at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

イメージする

CIMG3430.JPG
もうすぐ花ひらく「シルクジャスミン」、清楚な香り…

表情筋ストレッチングの講師をされている方から、「自分が素敵にとかいい表情になりたいなら、こんな人とイメージすることです」と教えていただきました。
その方の先生はオードーリーヘップバーンとか。
若い人や同年代にもいいけど、こうなりたいってことで歳を重ねて輝いている女性は…。

イナバヨシエさん、映画シャルウイダンスで凛として素敵だなと思った女優の草村礼子さんを思い浮かべました。
背筋の伸びた笑顔のキュートな彼女。
たまたま今朝の新聞記事で彼女のブログがあることを知り、早速訪問。
やはりイメージしたとおりの、ブログでした。
posted by うらら at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

カットソー、あれこれ

最近パソコンの前に座ると、いつの間にかブログ巡りをやってしまう。
気がつけばかなりの時間を過ぎていて、あっしまったと思うこともしばしば。
で、パソコンから少し遠ざかり、本のことや12月のことを考え整理しつつソーイングの日々。

以前から作りたかったものがいくつかあり、まずはこれ。

CIMG3370.JPG

フリフリ、リボンは苦手の私がここ数年気になる、というか着たい。
ネックがゆったり開いてギャザーの衿がついたこのパターンは、知人の着ていたセーターがヒント。
まだ暑いし、切りっぱなしでいけるパワーネットで衿と袖をとうきうき気分で作ったのに…。

CIMG3374.JPG

着用すると、こうなる。
パワーネットの軽さゆえ、仕方なし。
それなりにいいけれどマダムっぽく(当然だけど)なるので、衿のつけ方を変えて再チャレンジ予定。


ついでに雑紙に載っていたカーデガンのようなはおりもの。
夏の冷房対策としてコットンニットで作られていたけれど、本のパターンのハイネックとセットにしたらどうだろうかと考えて、形になったのは昨夜遅く。

CIMG3394.JPG

さて、これから着用して雰囲気を…。

posted by うらら at 10:16| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワネットの不思議ベスト

連休に久しぶりに鳴門、徳島の友人たちがやってきました。
一人は鳴門に住み、ファームステイの方我(かたわれ)。
徳島の居候時代?の出会いで、初対面からしばらく双方ともに嫌いな相手でしたが、後輩の気遣いで数回会い今日に到っているのですから縁てふしぎですね。

三人で食事に出かけ、市内の某ブランドのショーウインドウのディスプレイに惹かれ入店。
オーナーとは挨拶程度の知り合いで、製品に興味があるけれど私に買える値段ではありません。
新製品に着用者の好みの部分でカットできるという特殊な織りの珍しいセーター(Tシャツ)があり、徳島の友人はお買い上げ。

なかでも大きなフードつきのベストで、袖を付ければセーターになり幾通りもの着こなしができるオリジナルの製品に三人は興味津々。
帰宅後「裾は何センチくらいだった」「フードのラインはこうだった」と気が乗って製図を始めました。
気持ちが一つになって物作りをする楽しいひとときです。

CIMG3377.JPG

不要なニット地で現物によく似たものを作りました。
パターンができ彼女達が帰った後、よく伸びるニットということでがパワーネットを使ってみました。
これなら製品のように断ちきりでいけるし、裁断縫製と所要時間は2、30分。

CIMG3380.JPG

大きなフードは丸めてスカーフのようにしたり、大きく肩にストールのようにしても。

CIMG3381.JPG

お店の人がやっていたように、さかさまに着てもおもしろい。

CIMG3385.JPG

モデルがいなくてトルソー着用写真となりましたが、またモデル着用写真に乞うご期待。
でもマニアックすぎるかなあ…。


posted by うらら at 09:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

「香川県デザインギャラリー」展

CIMG3324.JPG
ポスターの刺し子写真が「和みの風」

現在サンポートで展開中の香川県デザインギャラリー展に参加しています。
私、というか私たちの期間は12月11日〜18日まで。
テーマは『和みの風』
見てくださる方に、かすかでも心和むそよ風がとデザイン仲間数人がそれぞれ展示します。

CIMG3320.JPG

別に和物でというのではないのですが、先日入手した反物2本。
眺め触って、構想中。
posted by うらら at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

メタボリック体型

食べること大好きの私としては、食に関する好奇心旺盛で、車で遠出して必ず立ち寄るのは道の駅。
今回の秋田でもそうだったけど、トランクは食材でパンパン、そして地元産の飲むヨーグルトや牛乳を楽しみます。
結果メタボリック街道まっしぐらで、予備軍体型だったのがしっかりメタボ体型に突入。

そこでビリーさんちに入隊と、友人より借りたDVDで汗だくで頑張りました。
二日。筋肉痛で三日休憩中です。
まずは見た目だけでもなんとかせんと、Tシャツにギャザーやタックで試してみました。

5枚は持っているお気に入りのスリムT。
パツパツでどれも合わないどころか、胃とお腹を強調し見苦しさの極み。

CIMG3219.JPG

タックをとって、簡単だけれど成功。
ただ9号使用だけど、以前は平気だった腕ぐりがきつい。
無地ニットで腕下各1センチ下げて再チャレンジ予定です。

次いで既製服で見かけ真似てみたのが、ラグランスクエアネックT。

CIMG3214.JPG

糸換えが面倒なので同じ生地を使いきったけど、かわいくなりすぎ。
その分喜んで、もらってくれる若者あり。
袖は元型のフレンチを広げ、上袖口10センチほどパフスリーブ風にゴムをたたきました。

さてさて、体型カバー服は当面の課題となるか、DVDで少しは戻るか…。
posted by うらら at 08:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

着付けの先生

CIMG2964.JPG
着付けのときは自分も浴衣

ここ数年浴衣に半幅帯のしゃれた変わり結びをいろいろ見かけ、帯結びや浴衣の柄を見て楽しんでいます。
夏祭りが終わったところこれからのところも、浴衣のシーズン真っ最中。
ああ、私も『竺仙』の浴衣を新調したい…けど今年は我慢。

近くの施設でも夏祭りということで若い職員さんの着付けのお手伝いを頼まれました。
最近、着付けを頼まれると嬉しくはいはいと出かける。
そのうち「格安出張着付け」なんてのもいいねえと、ぺアを組んでいるTさんと楽しんでやっています。

Tさんは店舗があったころのお客さんでした。
着物が大好きになり着付けの先生になりたいと早期退職。
もちろん在職中からずっと習っていたそうですが、今は先生をしたり振り袖や留袖の着付けをしつつ、よりよくと工夫し学んでいます。
こうなりたいこうありたいと考えてもなかなか実行できないし、実行してもお稽古なかばで終わってしまう。
週に4,5日着物を着て「なりたいもの」に向っているTさんに、感心しています。
posted by うらら at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

いまさらながらの、ビリーパワー

本のパターンを使用してと、プレーンTの脇を5箇所ほど切り開きギャザーのあるパターンを作りました。
見かけた既製服は後身頃にもギャザーでしたが、生地によってそれでは少し重いかなと前身ごろのみ。

CIMG2865.JPG

増量しつつある胃やお腹の周りをカバーが目的でしたがいい感じなので、ソーイングボックスに。


夜は女性のみの食事会があり、縮みの着物をきて。
顔見知りになった若くておしゃれな方から、「いつも着てるものがが素敵ですね」
数回会ったけど、多分手づくりTシャツの時ばかりだったような。
「ありがとう。若い人にいわれると嬉しいわ」などと単純な私はついついニコニコ。

「少し痩せた?」と尋ねると「はい。2キロだけど太ももが硬くなりました」
そのうち前の人が「わたしは6キロ減って、お腹が硬くなったわ」
そう、『ビリーズ・ブートキャンプ』を1,2ヶ月実践中とのこと。
まだ縦筋まではと言いつつ触らせてくれた下腹部は、硬く締まっていて驚き。
4月にはじめて会ったころはみごとな三段腹だったそうですが。

横に座っていた旧知の友人が、「やってみようかしら」
そういえば彼女と14、5年前に温泉に旅したあの頃は、胸もお腹もぺったんこだったけど…。
だけど最近とど(口が悪いと叱られるが)状になっている共通の友人はすぐ買って「ゼッタイ無理」と一日しただけ…。

気がつけば、ダビングしての、買ってやるわ、ゴムは100ショップによく似たのがあるなどとビリーの情報や決意が響き渡った夕食会となりました。
posted by うらら at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

古い…

CIMG2387.JPG

師匠の縫製技術をときに「古いよ〜」などと言ってむっとさせるときがある。
だけど最近自分の技術というか知識も「古い〜」と思うことがある。
スカートの裾上げ、つまり始末の仕方。

若かりし頃学んだ知識は
裏地でパイピングしてまつる、ロックミシンをかけまつる、端ミシンをかけ千鳥がけ、などなど
裾はあまりアイロンで押さえず、ソフトな仕上げに。

ところがここ数年、というか今年おしゃれなスカートでこんな裾上げしてるのは昔ながらの定番スーツあたりしか見当たらない。
ほとんどが細く三つ折りでミシン仕立て。
レースをつけたり、パワーネットやチュールを切りっぱなしでつけたり、捨てミシンで断ち切りのままのものもある。

この前年に一度生地メーカーが参考にした洋服をを安く買えると書いたが、今年買ったこのスカート。
イタリア製で、私ごときが店頭で買える値段ではないだけにじっくり拝見。
まず生地が素晴らしい。
生地の柄の上にレース地風に細かくミシンステッチ。
裾は同じ柄だけど薄いボイル地で切りっぱなしをつけ、その薄い部分のうらには編んだレース。
そして流行のルーズに腰で結ぶリボンは、スギテープに手刺繍されたもの。

裏地は細く三つ折りで仕上げられ、私にはカケラも思いつかない裾上げの仕方。
切りっぱなしの裏のレースは、着る人のみの優雅な気分。
師匠と二人、無言で見つめてしまった…。

posted by うらら at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

生地売り冥利

アパレル使用生地の販売をしていると、1,2年に1回ほど製品の恩恵を受ける。
つまりは自分が仕入れた生地でできている製品を格安でいただけること。

いつも製品を優先して見せていただけるので、「はあこの生地でこんなデザインが」とか「え〜、こんなに高い生地だったの」とか、それはそれは楽しい、生地売り冥利というもの。

CIMG2313.JPG

顔のパーツが地味なため柄を上にもっていくことは少ないが、夏のボトムは柄が好き。
このフランスリネンのキュロットも紫のきいた花柄。
上のTシャツは必ず柄の一色を選びすっきりと。
写真は片手で撮ったので、パターンブックの角袖Tだとわからないのが、ちょっと残念。
posted by うらら at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

帽子の被り方

CIMG2004.JPG

あるお店のマダムに、「あなたは帽子をどう被りますか?」って手渡されました。
私と同じ 「帽子の横を両手で持ってすとんと頭にのせる」 の人が多いのでは。

ノンノン。
マダムいわく、鏡の前に立ち帽子を前後に持ちます。
そして頭にのせ、前後に持ったまま自分に似合った位置を決めます。
決して横には持ちません。


うーん、なるほど。
見ててなんだか映画のワンシーンみたい。


今でこそ”イッタラ”っていえば、「ああ、フィンランドの食器メーカー」って答えが返ってきますが、20年前からそんなブランド輸入雑貨(洋服も)を扱ってるお店。
敷居が高くて…でしたが、ふらりと入り教えていただきました。

posted by うらら at 12:07| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

カラーリネンのワンピース

冬に作ったコートと同じパターンでリネンのコート兼ワンピースを作りました。
デパートで見かけ気に入ったデザインを少し変えてのシンプルな冬コート。
そのぶんソフトなウール地の、柄で遊んでみました。

CIMG1128.JPG

無地のコートが多い中ちょっと、と思ったけれど結構気に入って。
以前ならやらなかったような服の冒険を最近は楽しんでやってしまいます。
年齢を重ねるメリットのひとつかも。

今回はネット販売の一つのイタリアリネン。
仕入先の社長さんによると、無地の柄だそうです。
つまり単色ではなく、スモークグレーのような糸の部分もあり色に奥行きが。
かって着たことのないサーモンピンクならぬサーモンオレンジを選びました。
パターンはほとんど同じですが衿を1.5センチ下げ、裏がない分ほんの少し後ろ身頃を削りました。

CIMG1787.JPG

シンプルなパターンで裏無しですし、生地も扱いやすいので出来上がりも早い。
今回は衿下にボタンホールをせずプッシュピンでつめたりロールカラー風にまるめたり。
パンツの上にコート風にはおったり、前を閉じすとんとしたワンピースとして先日も大阪まで出かけました。
元気な色ですので、負けないように姿勢よく。

気に入ったパターンは使いまわすので、今度は薄手生地で衿を変えチュニック丈のシャツもいいかな。
posted by うらら at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。