2008年01月29日

一月いく…

「一月行く、二月逃げる、三月去る」の言葉どおり、早くも一月も終わり近し。
ブログに書こうと思ったことや写真も、二月になってしまいそうですので急ぎいくつかを。

年末年始思いついたり考えたりしたことの一つに、日本三大稲荷の一つ最上稲荷参拝の復活。
毎年一月友人と10年以上参拝していたのだけれど、お店を閉めた年から行っていません。
ここ数年のちょっと嫌なことやふと本のいきさつなどをを考えていて「そうだ、来年は最上稲荷に」

一月中旬も過ぎた土曜日、寒さの合間のような暖かい日の早朝出発。
参道は行き交う参拝客と沿道の土産物屋さんの声で賑わっています。

CIMG4322.JPG

仁王門の前でお店は終わり。
お線香やろうそく、稲荷神社らしくお揚げさんなどいつもおばあちゃんが売っていたけど、今日は違う人。

CIMG4329.JPG

御祓い希望者は順番を並んで待っていますが、ろうそくとお線香に火をつけ老若男女煙を体になでて、大きな連縄の下で手を合わせパンパンと最敬礼。

CIMG4337.JPG

ひいたおみくじは珍しい「凶」
暗闇の中に月の光がさし始めてるとのことで、まあこれからよしといった内容。
気をよくして石段を上がり、隣の古い神殿も順番に参拝です。

CIMG4347.JPG

「おっ、招き猫出現!」

CIMG4348.JPG

なーんだ、お揚げをくわえて逃げ去るいたずら猫でした。
大きく鐘を突き、最上稲荷の参拝は無事終了。
それにしても大鳥居を抜けるまで、相変わらずの渋滞。

CIMG4355.JPG

次は吉備津神社に。
こちらで七福神の小さな守りつきのおみくじを。
いつも二箇所でひくのですが、こちらは大吉でした。

CIMG4363.JPG

神殿の前にある節分の豆を買って、巫女になって歩いているような気分になる長い通路をゆっくり歩きます。

CIMG4369.JPG

横から写すとこんな感じ。

CIMG4376.JPG

通路を抜けると、上田秋成の雨月物語にも出てくる『御釜殿』

CIMG4371.JPG

鬼=温羅(うら)の首を御釜殿のカマドの下に埋めたことが起源とされる鳴釜です。

CIMG4373.JPG

境内から出て駐車場に向う道の横には池と小さな神社があります。

CIMG4377.JPG

扉中央の鉄の紋が珍しい。

CIMG4381.JPG

久し振りにいつもの順番で参拝し、ほっとした気分です。
遅ればせながら、よき年となりますように。

posted by うらら at 01:03| Comment(2) | TrackBack(1) | ひぐらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
招き猫はチャンスの神様?瞬間を撮れたなんてラッキーね。

お線香ではついつい「賢くなぁれ」とやってしまいます。

この鉄の紋は 蝶と芋虫?興味深いですね
Posted by 明美 at 2008年01月29日 09:08
そうなんです。
黒猫だし、こいつぁ春から縁起がいいやぁと内心浮かれ始めたら、なぁーんだでした。^^;

お線香、欲張りの私は頭、顔、腹、手、足、腰とこの際とばかりに…。
明美さんは謙虚なのですね。

で、この紋?
明美さんに興味を持っていただいて、うれしいぃ〜。
Posted by うらら at 2008年01月29日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

群馬県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 群馬県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-04-22 14:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。