2006年12月10日

本作りで考えたこと

uri.jpg
「べぇー」ではなく、瓜子姫はしまい忘れ


ホームソーイングとはお金をかけず良い生地を安く楽しみながら選び、ちょっとしゃれたパターンで、「作る喜び着る(着せる)楽しみ」だと私も洋研の仲間達も思っています。
そしてより嬉しいのは着ていた服を「あら、まるで既製品かと思ったわ」なんていわれる褒め言葉。
そのお金をかけずのひとつである、パターン。
今回私が本を作ることになった動機などはブログ本作りでも書いてあります。
自費出版ということも体験してみたかったこともあり、本の中に「ふーん、こんな人が作ったのか」と思ってくれるエッセイのような文も入れるつもりでした。
これはパターンブックとはいえ、自費出版でのささやかな贅沢というものでしょうか。

ところが本作りをしていくうちに、原稿を頁の都合上一ページの写真と簡単な文にということになり諦めました。
ページ数が増えるのはかまわないのですが、すでに頁の組み立てができていることと8月上旬でとにかく早く本を完成させなくてはと思いました。
またパターン選びや縫いかたも説明文や図を見ていただこうと書いたのですが、ページの都合上小さく3ページにまとまってしまいました。
校正で送られてくるものには大きな余白があり、字が小さいけれど余白があるのでさほど読みづらくはないのかもと納得したのです。
それと本も印刷したものが入る背表紙ということで納得していましたし。

私は本作りの頁の組み立て(構成)が、よくわかっていません。
一度も担当者と会うこともなく、電話とメールでやってきました。
二度ほど上京しようと連絡しましたが、「こちらから伺うのが筋」とのことで会わないまま本は完成しました。
担当者の方は質問すれば答えてくれ、プロだからという安心もありました。
完成して悔やまれるのは、やはり会って言葉で自分の本に対する考えをきちんと訴えればよかったということ。
各会社の理念にもよく書かれていますが『報告、連絡、相談(ほうれんそう)』
対面して話すということは、本作りには欠かせないことではなかったか。
特に自費出版といっても実用書を兼ねた本です。
読み手によりわかりやすく使いやすい内容にすることが大切です。

パターン集としてはこれでいいのかもしれません。
ただ本の表紙だけはメインとなっている消しゴムはんこのkurumiさんにもマットなものでお願いしていますと伝えていますし、薄い紙質の光沢のあるこの表紙のままでは納得できません。
遅くなり待ってくださっている方のことを考えると心が痛みます。
が、書店に置くことも考えた結果光沢のない少し厚みのある紙のカバーをつけての販売にしたいと考えました。
明日の休み明けに担当者の方に話し交渉して、急ぎ印刷していただくつもりです。
期日はさほどかからないと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。



※カバーナシでもかまわないという方は、書店に置く前に送料無料でカートから販売できるようにしておきます。
伝言板に書くべきことなのですが(ひどい書き込みのため明日午後まで閉
鎖)、明日の午後設定いたします。
パターンは以前買っていただいたデザインのものがほとんどです。
グレーディングはしてありますが、これまでご注文し買ってくださっている方は備考欄に注文済みと一言書いてください。
カートの方にリストは残っていますのでわかります。
少しですが、別料金で発送させていただきます。
なんだかブログの内容でなく申し訳ありませんが、上記事情のためどうかよろしくお願いいたします。


posted by うらら at 13:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 本作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね
平積みなんて一瞬でしょうから
背中には書名が入るほうが良いはずです。

カバー印刷待ってます・・・その表紙への労力も楽しみたいので。
Posted by 明美 at 2006年12月10日 18:03
本が出来るまでのプロセスは知らないのでなんとも言えないけど、自費出版でも出版社の意向と言うかそんなものがあって、著者本人の意向に沿わない事が多いんだね。
お疲れ様でした。
Posted by さちママ at 2006年12月10日 18:57
お疲れ様でした。
うららさんファンにも待ち遠しい本でした。心残りのたくさんな初版本になってしまったようですが、最初から完璧でなくてもあんまりしょげないで下さいね。まずは第一歩が踏み出せたのですから、おめでとう!です。
素敵なカバーは好きですが、実際に使い込む時にはカバーがかえって邪魔になることもあります。ちょっと早めに送料無料で本が手に入るのでしたら、それもいいかなって、思います。
これまでにも、いくつかパターンを買わせていただきましたが、まだ気になるパターンがいくつもありますし、グレーディングされているのがとっても嬉しいので、だんぜん注文!です。
この次はエッセイと写真がメインで、デザインはサブ?なんていう本も素敵かもしれませんね。
では、後少し、楽しみにしてまーす。
Posted by Kasu at 2006年12月10日 20:50
本を作るって、大変なことなんですね。
自分の思ってることをそのまま形に出来ない歯がゆさがあったことでしょうが、まず第1歩を踏み出されたのですから、それは大きいことだと思います。
本作りにかかわってくださった方々への思いもおありだと思います。
でも、この経験を活かせば、次はより自分の思いに近づくものが出来るでしょう。
実用書として活用してもらえるのも、それはそれでよしとしてください。
ファンの一人として、本の完成を待っていました。
本当にお疲れ様です&楽しみにしてます。
Posted by うめぜりぃ at 2006年12月11日 06:20
明美さま

本を作ろうと思った原点に帰ると、まずは喜んでいただけるパターンの
本をということでした。
それについつい夢が膨らんだような気がします。
カバーを早急につけて、一人でも多くの人にニットソーイングを楽しん
でいただきたいです。


さちママさま

ブログ、読み返せば少し恥ずかしくなります。
私も皆さんと同じソーイング仲間。
うまくできると嬉々とし、失敗するともうソーイングなんてと何度思ったことか。
グレーディング希望などからスタートした本作り、振り返れば皆さんと
一緒に作ってきたような気持がします。
こうやってコメントをいただき参考になることも多々ありますので。


kazuさま

夢のあるコメント、ありがとうございます。
そうですね。
結果、不満や不服はあるにしても、過程ではずいぶんワクワクさせて
いただきました。
カバーの件も、kazuさまの書かれているとおり使う上で必要なしとカ
バー無し設定で進めたのですが。
でもこのままでは弱すぎるし光沢がどうしても納得できません。
我侭なようですが、どうかあと少しだけお待ちください。m(__)m


うめぜりぃさま

パソコンの発達で、私達でもミニ本のようなものも作れる時代になりました。
私のブログをご訪問して下さる方のなかにも自費出版を考えられている方もい
るのではと思います。
本を作る過程でも皆さんのブログやホームを参考にさせていただきました。
使っていただいて、はじめて本が評価される。
本作り、まだまだ中間地点のような気もしてきました。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by うらら at 2006年12月11日 08:12
第1弾完売、グレードアップして第2弾!というご意見に私も大賛成です。
満足する家を建てるにも3軒、と言いますし・・・
肝心なパターンの部分で満足できるものが上がったのなら何よりだと思います♪
私はぜひ書店でお買い上げ♪したいと思っています〜
Posted by A++ at 2006年12月11日 10:08
A++さま

本日カバーの件、やってくれることになりました。
リフォームも本作りもこちらの意向がきちんと伝わっていないと、ずれはだんだん大きくなりますよね。
私は自費出版ながらV社でバックアップして売ってくれるということで、考えを押さえたことも大きな原因だと反省しています。

バックアップの件も詳しく聞くと私が最初に思っていたこととは違っていました。
V社からはどうなるのかよくわかりませんが、書店からは販売しますのでどうかよろしくお願いいたします。

リフォームまずまずに終了し、「お疲れさま」っていえる日はもうすぐですね。(^^)
Posted by うらら at 2006年12月11日 17:20
やっと出来上がった待ちに待った本。私達は安易にそう言えますが、作り手さんの思い等考えるとなんだか複雑な気持ちにもなりますね。
確かに本が書店で平積みでおかれる期間は短いようですね。背表紙がないというのも有る意味目を引くかしらとも思いますが・・・。とにかく、本当にお疲れ様でした。私は書店に並ぶのを待ってみます。
Posted by あきよ at 2006年12月11日 17:35
夢は破れるもの?
やってみて納得いかなきゃ 次にチャレンジ
です。
ここで終われば失敗のまま。
成功したら この失敗(と思ってはるんやろか?)は成功への ホンの途中にすぎなくなる。

何年か先 本に限らず もっともっと良い物が生み出される事を期待しているんですよ♪

早くて成功ばかりじゃない・・・時間をかけられるゴージャスさってのがあると思います。
それを楽しみたいです。
Posted by 明美 at 2006年12月12日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。