2006年09月05日

だいこんのきんぴら

CIMG9873.JPG

産直市場で、塩抜きされた古漬けたくあんが2本の赤唐辛子とパック詰めになって、100円で売られていました。
さっそく「だいこんのきんぴら」を。

たくあんて全国区の物なので、この「だいこんのきんぴら」もそうかと思っていましたが、どうも香川県か一部の地域の郷土料理のような気が…。
古漬けたくあんで作るのに「だいこんのきんぴら」といい、そして大根を細切りして揚げや豆腐と炊いたものを「だいこんのせっか(雪花)」と言います。

調理法はいたって簡単。
たくあんの古くなったものを3ミリ前後に切ってひと晩水につけ塩抜き。(本日はこの過程はやってくれています)。
これをごま油で軽く炒め出汁としょうゆでじっくり煮ます。
少しのお酒とみりんを入れ、赤唐辛子の輪切りを入れてじっくり…。

子供のころはだいこんが嫌いだったのに、今ではだいこんは好きになりこのきんぴらも。
初めて見る人はムムムッかも知れませんが、ご飯にもいいし酒の肴にもいいのです。


posted by うらら at 06:08| Comment(14) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうですねェ。
コレは高松に来て、初めて知ったお料理です。
食べたことはありますが、自分では作れません。
一度、チャレンジしたのですが、不味かった!
お惣菜屋さんで売ってるほうが、だんとつ美味しかったです。
それ以来、自作はやめました。(^^ゞ

器も素敵ですねぇ。
σ(^^)わたしもこんな器が大好きです。
Posted by birdy at 2006年09月05日 11:55
PS:[だいこんのせっか(雪花)」は食べたことがないです。
「まんばのけんちゃん」の大根版?
Posted by birdy at 2006年09月05日 11:56
美味しそう、なつかしいですね。
リアルタイムで讃岐の情報をアップして下さるので距離感を感じないです。
うららさん、器も素敵ですね。
大根きんぴら、子どもの頃はいやだな〜と思ったお惣菜が、なぜだか食べたくなります。冬大根での大根雪花は薄あげと豆腐、海老じゃこで醤油で煮ます。海老じゃこがない時は観音寺伊吹産のいりこでした。
Posted by てのひら at 2006年09月05日 20:20
美味しそう、なつかしいですね。
讃岐の情報をアップしてくださるので、距離感を感じないですね。
こんな素敵な器だと大根きんぴらも
脇役でなくなりますね。子どもの頃苦手だったのに食べたくなるのはなぜかしら。冬大根で作る雪花、私の母は薄あげ、豆腐、海老じゃこ、じゃこがなければ観音寺伊吹産のいりこ醤油が調味用です。

Posted by てのひら at 2006年09月05日 20:40
たくあんのきんぴら、美味しそうですね!
僕はダイエット中なんで今最高にこれと白いご飯が食べたいです!
Posted by surfeasy at 2006年09月06日 07:33
birdyさん
先日片口の素敵な器に盛られていましたね。
私も片口の器好きです。

ところで同じ県内でも西と東では違うこともいくつかあり、同じ野菜の葉と調理法でも「まんば/けんちゃん」が東、「ひゃっか/せっか(雪花)」が西。
このせっかとのは豆腐を砕いているのでそれを雪の花に見立てて、ということを割烹のご主人から聞き気に入っています。(^^)


てのひらさん
おなじくひゃっかのせっか、ですよね。
我が家は祖母がいりこだしが好きでたいていの煮物はこれ。
ぎらぎら光るのがつくので、子供のころはいりこだしが苦手でした。

でもおかげでカルシウム摂取はいいのか、骨も丈夫&超石頭です。(^^ゞ


surfeasyさん
これホントご飯にもよく合うのです。
せっかくのダイエットも「おかわりー」をしすぎてしまうかも。(^^)

「ずいぶん遠いところ旅してたんやな」とお盆にあった同級生いわれて「なんで知ってるん?!」
するとブログをみてくれていました。
てっきりsurfeasyさんも、と首を傾げつつブログにちらりとお邪魔して、「!」。

漢字が出ていたのでシニア予備軍と思いきやなんと若人。
出会う人(ブログ)の数だけ知識が増える。
これからじっくりお邪魔しまーす。
Posted by うらら at 2006年09月06日 12:46
セピア色のノートより
まんばのけんちゃん(6人分)
まんば(ひゃかor高菜)1把
木綿豆腐半丁
油あげ1枚
かつお10g(入れても入れなくても)
油・醤油
@まんばは茹でて水でよくさらし、小口切りにして水気を取ります。
A豆腐はあらくくだいて水気をきり
油揚げは油抜きして3cm長さの細切りにします。
B鍋に油を熱して@とAを良く炒めかつおを加えてさらに炒めます。
醤油大さじ4〜5杯好みで化学調味料
で味付けし、中火で汁気がなくなるまでよく煮込みます。

雪花は冬大根のみずみずしいもので作ると大根から水分がでて美味しいですね。
Nsファンのみなさま、いろいろ教えて下さいね。

Posted by てのひら at 2006年09月06日 20:44
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪☆
「雪花」ていい名前ですねぇ。
いかにも日本料理!
懐石料理みたい。

ところで、今日、「五風十雨」へ行きます。
どんなランチかとても楽しみです。
また見てくださいね。
Posted by birdy at 2006年09月07日 06:47
うららさん、早速のリンク、ありがとうね。(^-^)/
私もブログの方にリンクさせて頂きました。

これ、とっても懐かしいお惣菜ですね〜♪
ポイントは塩抜きし過ぎると旨味も抜けちゃう所かな。
ごま油を使うとコクが出てお弁当にもピッタリ。

そして「雪花」って風雅なお料理名ですね。
やっぱりお豆腐やお揚げって「白」のイメージなのね。
そろそろお腹が空いて来ました(笑)
Posted by 町子 at 2006年09月07日 17:59
「五風十雨」、行ってきました。(^_-)-☆
特別メニューだったので、ふだんはわかりませんが…
「真鯛のソテー」は美味しかったです。
「六白豚のソテー」は硬かったです。
ソースは美味しかったので、残念です。

ここ、タグが使えるんでしたっけ?
やってみます。
できなかったらm(。≧∀≦。)m ゴメェ〜ン コピペしてください。

<A HREF="http://alex-y.hp.infoseek.co.jp/510.html"><FONT COLOR=RED>「五風十雨」 </FONT></A>です。
Posted by birdy at 2006年09月08日 18:53
m(。≧∀≦。)m ゴメェ〜ン
タグは使えませんでした。
ここにURLを書いておきます。
コピペしてください。

http://alex-y.hp.infoseek.co.jp/510.html
Posted by birdy at 2006年09月08日 18:56
m(。≧∀≦。)m ゴメェ〜ン
タグは使えませんでした。
ここにURLを書いておきます。
コピペしてください。
またはHPへ。

http://alex-y.hp.infoseek.co.jp/510.html
Posted by birdy at 2006年09月08日 18:57
またまた2重になってすみません。
URLを書けば、ハイパーリンクできるのですね。
まだまだ手探りで…
ついでに去年のも書いておきます。

http://wagahaihanekodearu.hp.infoseek.co.jp/5fu10u2.html
Posted by birdy at 2006年09月08日 19:00
てのひらさん
「セピア色のノート」…。
素敵なことばですねえ。

今風のだしや味付けになっていますが、郷土料理は子供のころいただいた懐かしき「セピア色の料理」ですネ。



町子さん
こちらこそよろしく。
さっそく覗いてみました。
http://www.kyoto-filmfes.jp/

私もうまく都合がつけば行ってみたいなあ。
京都の若冲展は見に行く予定です。
それから映画好きですが、最近はよほどでないと映画館やレンタルまでしてはみなくなりました。
ですので町子さんのブログや日記はいい映画情報です。(^^)


birdy さん
『五風十雨』、いいなあ。
食事もいいけどあの店内のコーヒーミルとタイルあたりが好きで、そこで写真を撮りたいと思ったくらい。

8月に徳島の友人と夜のコースに行ってみようと予約の電話を入れたらしっかり詰まっていました。残念…。(^^ゞ


Posted by うらら at 2006年09月09日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。