2007年11月01日

南国土佐でソーイング

ご主人の都合で高知に住んでいる友人(後1年半ほど)が、私を心配して本を使ったニットソーイング教室を計画してくれました。
車のトランクに、直線縫いミシンやロックミシン、ハトロン紙や文鎮などを積んでいざ出発。
2時間弱と予定よりずっと早く、高知市内県庁近くにある彼女の住まいに着いてしまいました。

CIMG3736.JPG

近くに城西公園、家の前にはきれいな川が流れ仮住まいとはいえ抜群の環境です。
澄んだ川には群れをなして泳ぐ魚。
彼女を乗せ5分ほどのところにある教室に向います。

出張ソーイングなんて始めてのこと。
頭で考えていたような手順ではいかず順番を待ってもらったりと反省することも多くありますが、皆さんそれぞれ自分のTシャツを作られました。
持ち帰ったTシャツを眺め、ニットソーイングは「E・E・E」と少しはわかっていただけたら何よりなのですが。
ただいつも「アイロンとお友達に」と言いながら、アイロンを忘れそのままの仕上がりが今でも気になっています。

CIMG3739.JPG

とにかく夢中の数時間。
写真も忘れ、駐車場の端にあった紫式部に今日の思い出を重ねて。
と、記念撮影した後は友人から聞いていた『ひろめ市場』にうきうきと直行です。

CIMG3742.JPG

ああ、懐かしいアジアの市場の雰囲気がホワンと漂います。
腰掛けて1杯あり、専門の魚屋さんや薩摩揚げの呼び声あり、洋服や雑貨もあり。
時刻は3時半、夕方5時頃より再び開店というお店もありお客さんは少なめです。

CIMG3744.JPG

噂で聞いていた「安兵衛」の餃子は、皮は薄くカリカリ具はもっちり。
ジョッキに並々のウーロン茶をビールと想定し、好みの肴を並べお世話になったUさんと乾杯、おしゃべり、そしてお別れ…。

カラクリ時計が大好きな私に、ちょうど停まった交差点に流れてきた鳴子踊りのメロディ。
斜め前方を見上げると、可愛いカラクリ時計が動き始めました。
信号が変わりいつしか「うたうはぁー 土佐の よさこい節よ〜」とはなうたで、南国土佐を後にして高速道に。

計画から当日まで、いえそれ以外でもさりげなく心配して下さるUさん。
彼女のおかげで楽しくTシャツ作りをしたり、出張ソーイングの楽しい思い出ができました。
Uさんに感謝しつつ、一緒に過ごされた方が「ニットソーイングっていいな」って思っていただけたらなによりです。



posted by うらら at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。